全世界での祝日やお祝い
インド, インド (アッサム), インド (アルナチャル・パラデシュ), 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。

インド (アンダマン・ニコバル諸島) : 祝日、銀行休業日、休校日

link

インド (アンダマン・ニコバル諸島) : 3ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版


通貨: Rupee (INR)

週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:: 英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ベンガル語、アッサム語 (1.8億スピーカー), ヒンディー語 (2億スピーカー), パンジャブ語 (85百万のスピーカー), タミール語 (5500万スピーカー), テルグ語(70百万のスピーカー) ...
Edit までご連絡ください
日付種類
2022 8月 月曜日 15独立記念日国家的記念日
view more
2022 8月 金曜日 19クリシュナ神御降誕祭ヒンズー教
view more
2022 9月 金曜日 30銀行目録銀行は閉まっている
view more
2022 10月 月曜日 24ディーパバリヒンズー教
view more
2022 12月 日曜日 25クリスマスの日カトリックやプロテスタント
view more
2023 1月 土曜日 14マカラ サンクラーンティ行事、お祝い...
view more
2023 1月 木曜日 26共和国記念日世俗的な休日
view more
2023 1月 月曜日 30乾いた日(アルコールなし)特別イベント
view more

独立記念日

-
2022 8月 月曜日 15
世俗的な休日 : インドが英国の支配からの自由を達成した1947年の日を記念しています

クリシュナ神御降誕祭

-
2022 8月 金曜日 19
ヒンズー教 : Krishna (literally black , dark , dark-blue ) is a Hindu deity, regarded as an avatar of Vishnu and in some traditions considered the Supreme Being. Krishna is often depicted as an infant or young boy playing a flute as in the Bhagavata Purana or as a youthful prince giving direction and guidance as in the Bhagavad Gita. The stories of Krishna appear across a broad spectrum of Hindu philosophical and theological traditions.They portray him in various perspectives: a god-child, a prankster, a model lover, a divine hero and the Supreme Being.

銀行目録

-
2022 9月 金曜日 30
銀行は閉まっている :

ディーパバリ

-
2022 10月 月曜日 24
ヒンズー教 : The Light festival starts with festivities. The week celebrates 1.Dhanteras, 2.Kali Chaudas, 3.Deepavali, 4.Navu-Varsha (new year), 5.Bhai-beej. The Vai cast is mainly concerned. May last several days

クリスマスの日

-
2022 12月 日曜日 25
カトリックやプロテスタント : ヨーロッパの先史時代から、お祭り(たき火、オフリング)は、火と儀式でより長い日照時間の始まりをマークしていました。サトゥルナリアのローマの祭りは12月に数日間続きました(ギャンブルと供物)。 ナザレのイエスはおそらく春に生まれました。しかし、4世紀には、12月25日が教皇ユリウス1世によって彼の誕生を祝うために選ばれました。このように、キリスト教の要素は、古くからある真冬の祭りに導入されました。

マカラ サンクラーンティ

-
2023 1月 土曜日 14
文化 : The symbol is the movement from on place to another which leads to meeting someone or something. The sun leaves its present constellation to get into Sakranti .

共和国記念日

-
2023 1月 木曜日 26
世俗的な休日 : It was the Lahore Session of the Indian National Congress at midnight of December 31, 1929 - January 1, 1930, that the Tri-Colour Flag was unfurled by the nationalists and a pledge taken that every year on January 26, the Independence Day would be celebrated and that the people would unceasingly strive for the establishment of a Sovereign Democratic Republic of India. The professed pledge was successfully redeemed on January 26, 1950, when the Constitution of India framed by the Constituent Assembly of India came into force, although the Independence from the British rule was achieved on August 15, 1947. It is because of this that August 15 is celebrated as Independence Day, while January 26 as Republic Day. www.indiaa2z.com

乾いた日(アルコールなし)

-
2023 1月 月曜日 30
特別イベント :