全世界での祝日やお祝い
ウォリス・フツナ, グアドループ, サンピエール島およびミクロン島, 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。

linkインド (アンドラプラデシュ州) : 祝日、銀行休業日、休校日

インド (アンドラプラデシュ州) : 3ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版

  • 通貨: Rupee (INR)
  • 週末:土曜日と日曜日
  • これらの言語を翻訳する必要があれば:: 英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ベンガル語、アッサム語 (1.8億スピーカー), ヒンディー語 (2億スピーカー), パンジャブ語 (85百万のスピーカー), タミール語 (5500万スピーカー), テルグ語(70百万のスピーカー) ...
    Edit までご連絡ください
  • 日付種類
    2024 7月 水曜日 17アシュライスラム教
    view more
    2024 8月 木曜日 15独立記念日国家的記念日
    view more
    2024 8月 月曜日 19友愛の日ヒンズー教
    view more
    2024 8月 火曜日 27クリシュナ神御降誕祭ヒンズー教
    view more
    2024 9月 月曜日 16預言者の記念日イスラム教
    view more
    2024 9月 月曜日 30銀行目録銀行は閉まっている
    view more
    2024 10月 月曜日 14中期休暇 (休暇の終わり)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2024 10月 木曜日 31ディーパバリヒンズー教
    view more
    2024 12月 月曜日 23クリスマス休暇(始まり) - 宣教師学校上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2024 12月 水曜日 25クリスマスの日カトリックやプロテスタント
    view more
    2024 12月 月曜日 30クリスマス休暇(終了) - 宣教師学校上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2025 1月 金曜日 10冬休み(初)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2025 1月 月曜日 13ボーギヒンズー教
    view more
    2025 1月 火曜日 14マカラ サンクラーンティヒンズー教
    view more
    2025 1月 水曜日 15Kanumaヒンズー教
    view more
    2025 1月 木曜日 16カヌマ・パンドゥガヒンズー教
    view more
    2025 1月 月曜日 20冬の休日 (終了)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
    view more
    2025 1月 日曜日 26共和国記念日世俗的な休日
    view more

    アシュラ

    -
    2024 7月 水曜日 17
    イスラム教 : 殉教は、フセイン・イラクで死亡した、680年。

    独立記念日

    -
    2024 8月 木曜日 15
    世俗的な休日 : インドが英国の支配からの自由を達成した1947年の日を記念しています

    友愛の日

    -
    2024 8月 月曜日 19
    ヒンズー教 : The annual festival of Raksha Bandhan, which is meant to commemorate the abiding ties between siblings of opposite sex, usually takes place in late August, and is marked by a very simple ceremony in which a woman ties a rakhi — which may be a colorful thread, a simple bracelet, or a decorative string — around the wrist of her brother(s). The word raksha signifies protection, and bandhan is an association signifying an enduring sort of bond; and so, when a woman ties a rakhi around the waist of her brother, she signifies her loving attachment to him. He, likewise, recognizes the special bonds between them, and by extending his wrist forward, he in fact extends the hand of his protection over her.

    クリシュナ神御降誕祭

    -
    2024 8月 火曜日 27
    ヒンズー教 : Hindu celebration of the birthday of Sri Krishna, an incarnation of Lord Krishna. Sweets, fruits and milk products are available in abundance. Sri or Shree: A prefix denoting auspiciousness

    預言者の記念日

    -
    2024 9月 月曜日 16
    イスラム教 : 預言者ムハンマドの誕生日。9日間、見本市、ごちそう、パレードのあるパーティーがあります。ムハンマドが生まれたとき、山々がどのように踊り、「アッラー以外に神はいない」と歌ったという話が語られています。木々は答えた、「そして、ムハンマドは彼の預言者です。

    銀行目録

    -
    2024 9月 月曜日 30
    銀行は閉まっている :

    中期休暇 (休暇の終わり)

    -
    2024 10月 月曜日 14
    学校の休み :

    ディーパバリ

    -
    2024 10月 木曜日 31
    ヒンズー教 : The Light festival starts with festivities. The week celebrates 1.Dhanteras, 2.Kali Chaudas, 3.Deepavali, 4.Navu-Varsha (new year), 5.Bhai-beej. The Vai cast is mainly concerned. May last several days

    クリスマス休暇(始まり) - 宣教師学校

    -
    2024 12月 月曜日 23
    学校の休み :

    クリスマスの日

    -
    2024 12月 水曜日 25
    カトリックやプロテスタント : ヨーロッパの先史時代から、お祭り(たき火、オフリング)は、火と儀式でより長い日照時間の始まりをマークしていました。サトゥルナリアのローマの祭りは12月に数日間続きました(ギャンブルと供物)。 ナザレのイエスはおそらく春に生まれました。しかし、4世紀には、12月25日が教皇ユリウス1世によって彼の誕生を祝うために選ばれました。このように、キリスト教の要素は、古くからある真冬の祭りに導入されました。

    クリスマス休暇(終了) - 宣教師学校

    -
    2024 12月 月曜日 30
    学校の休み :

    冬休み(初)

    -
    2025 1月 金曜日 10
    学校の休み : Https://teachersbadi.in

    official calender published by the Board of Education
    Schooling is mandatory till age 14
    Teaching languages: Telugu, Hindi, English
    schools close on Saturday
    Teaching hours: 09:00 - 15:30
    Number of instructional days: 220
    school uniforms required

    We carry confirmed dates till April 2025 -- heat waves may affect the calendar

    Please note that authorities may take last-minute decisions; please double-check if this information is vital to you
    Make a Paypal donation of euros 50 to [email protected] to purchase the full calendar for 5 countries, including Andhra Pradeshee schools
    Contact [email protected] to purchase a file containing confirmed calendars of 550 countries and regions.

    ボーギ

    -
    2025 1月 月曜日 13
    ヒンズー教 : The day preceding Makara Sankranti. This is when people discard old and derelict things and concentrate on new things causing change or transformation. At dawn people light a bonfire with logs of wood, other solid-fuels and wooden furniture at home that are no longer useful. The disposal of derelict things is where all old habits, the vices, attachment to relations and materials things are sacrificed in the sacrificial fire of the knowledge of Rudra, known as the Rudra Gita Gyan Yagya. It represents realization, transformation and purification of the soul by imbibing and inculcating divine virtues.

    マカラ サンクラーンティ

    -
    2025 1月 火曜日 14
    ヒンズー教 : Celebration of the harvest, which is observed for three days: Bhogi Pongal, Surya Pongal and Mattu Pongal. A colourful and traditional festival with many a ceremony devoted to various deities and cattle races.

    Kanuma

    -
    2025 1月 水曜日 15
    ヒンズー教 : The third day of the festival of Makar Sankranti

    カヌマ・パンドゥガ

    -
    2025 1月 木曜日 16
    ヒンズー教 : The day after Makara Sankranti is celebrated as Kanuma. The origin of Kanuma in Andhra Pradesh is same as that of Govardhan Puja in other states. It is believed that Lord Krishna lifted the Govardhan Hills on the auspicious day of Kanuma to protect the people of Gokulam. The rituals of Kanuma Panduga are similar to that of Mattu Pongal in Tamil Nadu. The bulls and cows are decorated and worshipped on Kanuma as the day of Kanuma is dedicated for live-stock worship. [drikpanchang.com]

    冬の休日 (終了)

    -
    2025 1月 月曜日 20
    学校の休み :

    共和国記念日

    -
    2025 1月 日曜日 26
    世俗的な休日 : It was the Lahore Session of the Indian National Congress at midnight of December 31, 1929 - January 1, 1930, that the Tri-Colour Flag was unfurled by the nationalists and a pledge taken that every year on January 26, the Independence Day would be celebrated and that the people would unceasingly strive for the establishment of a Sovereign Democratic Republic of India. The professed pledge was successfully redeemed on January 26, 1950, when the Constitution of India framed by the Constituent Assembly of India came into force, although the Independence from the British rule was achieved on August 15, 1947. It is because of this that August 15 is celebrated as Independence Day, while January 26 as Republic Day. www.indiaa2z.com