全世界での祝日やお祝い
インド, インド (アッサム), インド (アルナチャル・パラデシュ), 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。

インド (ハリヤナ州) : 祝日、銀行休業日、休校日

link

インド (ハリヤナ州) : 3ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版


通貨: Rupee (INR)

週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:: 英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ベンガル語、アッサム語 (1.8億スピーカー), ヒンディー語 (2億スピーカー), パンジャブ語 (85百万のスピーカー), タミール語 (5500万スピーカー), テルグ語(70百万のスピーカー) ...
Edit までご連絡ください
日付種類
2022 8月 月曜日 15独立記念日国家的記念日
view more
2022 8月 金曜日 19クリシュナ神御降誕祭ヒンズー教
view more
2022 9月 金曜日 23ハリヤナ・ヴィールとシャヒーディ・ディワス世俗的な休日
view more
2022 9月 月曜日 26マハラジャの日世俗的な休日
view more
2022 9月 金曜日 30銀行目録銀行は閉まっている
view more
2022 10月 月曜日 17マハラジャ・アグラセンのお祝い行事、お祝い...
view more
2022 10月 金曜日 21中期休暇 (休暇の始め)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2022 10月 月曜日 24ディーパバリヒンズー教
view more
2022 10月 ?…—j“ú 26中期休暇 (休暇の終わり)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2022 12月 日曜日 25クリスマスの日カトリックやプロテスタント
view more
2022 12月 月曜日 26シャヒード・ウダム・シン・ジャアンティ世俗的な休日
view more
2022 12月 木曜日 29グルゴビンドシン生誕日ヒンズー教
view more
2023 1月 日曜日 1中期休暇 (始め)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2023 1月 月曜日 9中期的な休日 (終わり)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2023 1月 土曜日 14リヨンでのストリート & 公共照明行事、お祝い...
view more
2023 1月 木曜日 26共和国記念日世俗的な休日
view more
2023 1月 木曜日 26ヴァサントパンチャミ仏教(仏教の勝利)
view more
2023 2月 金曜日 3冬休み(学校休日の開始)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2023 2月 金曜日 3ヴィシュヴァカルマン行事、お祝い...
view more
2023 2月 日曜日 5ヒンドゥー教の祭りヒンズー教
view more
2023 2月 月曜日 13冬の休日 (終了)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2023 2月 火曜日 14マハシバラトリヒンズー教
view more
2023 2月 ?…—j“ú 15ダヤナンダ サラスワティの日行事、お祝い...
view more

独立記念日

-
2022 8月 月曜日 15
世俗的な休日 : インドが英国の支配からの自由を達成した1947年の日を記念しています

クリシュナ神御降誕祭

-
2022 8月 金曜日 19
ヒンズー教 : クリシュナ(文字通り「黒、闇、濃い青」)はヒンズー教の神であり、ヴィシュヌのアバターと見なされ、いくつかの伝統では至高の存在と考えられています。クリシュナはしばしば、バガヴァタ・プラーナのようにフルートを吹く幼児や少年として、あるいはバガヴァッド・ギーターのように指示と導きを与える若々しい王子として描かれます。クリシュナの物語は、ヒンズー教の哲学的および神学的伝統の群れのスペクトルにわたって現れます。彼らは彼を様々な視点で描いています:神子、いたずら師、モデル愛好家、神聖な英雄、そして至高の存在。

ハリヤナ・ヴィールとシャヒーディ・ディワス

-
2022 9月 金曜日 23
世俗的な休日 : Paying Tributes To All The Martyrs Who Have Sacrificed Their Lives For Their Motherland, incl. the contribution of Rao Tula Ram, who made supreme sacrifices in the Revolution of 1857

マハラジャの日

-
2022 9月 月曜日 26
世俗的な休日 : 伝説のインドの王は北インドのトレーダーの王国の確立と信じて、動物を屠殺することを拒否し、彼の同情のために知られています。

銀行目録

-
2022 9月 金曜日 30
銀行は閉まっている :

マハラジャ・アグラセンのお祝い

-
2022 10月 月曜日 17
文化 : A legendary Indian king (Maharaja) of Agroha, a city of traders. The Agrawal and Rajvanshi communities claim descent from him. He is credited with the establishment of a kingdom of traders in North India named Agroha, and is known for his compassion in refusing to slaughter animals in yajnas.

中期休暇 (休暇の始め)

-
2022 10月 金曜日 21
学校の休み :

ディーパバリ

-
2022 10月 月曜日 24
ヒンズー教 : The Light festival starts with festivities. The week celebrates 1.Dhanteras, 2.Kali Chaudas, 3.Deepavali, 4.Navu-Varsha (new year), 5.Bhai-beej. The Vai cast is mainly concerned. May last several days

中期休暇 (休暇の終わり)

-
2022 10月 ?…—j“ú 26
学校の休み :

クリスマスの日

-
2022 12月 日曜日 25
カトリックやプロテスタント : ヨーロッパの先史時代から、お祭り(たき火、オフリング)は、火と儀式でより長い日照時間の始まりをマークしていました。サトゥルナリアのローマの祭りは12月に数日間続きました(ギャンブルと供物)。 ナザレのイエスはおそらく春に生まれました。しかし、4世紀には、12月25日が教皇ユリウス1世によって彼の誕生を祝うために選ばれました。このように、キリスト教の要素は、古くからある真冬の祭りに導入されました。

シャヒード・ウダム・シン・ジャアンティ

-
2022 12月 月曜日 26
世俗的な休日 :

グルゴビンドシン生誕日

-
2022 12月 木曜日 29
ヒンズー教 :

中期休暇 (始め)

-
2023 1月 日曜日 1
学校の休み : Http://www.haryana-education-news.com
Board of School Education calendar
Schooling is mandatory till age 14
Teaching languages: Hindi, Punjabi, English
Schools close on Saturday
Teaching hours: from 09:00 to 13:00
School uniforms required

Dates confirmed till Dec 2022

Please note that authorities may take last-minute decisions; please double-check if this information is vital to you
Make a Paypal donation of euros 50 to [email protected] to purchase the full calendar for 5 countries, including Haryanan schools
Contact [email protected] to purchase a file containing confirmed calendars of 550 countries and regions.

中期的な休日 (終わり)

-
2023 1月 月曜日 9
学校の休み :

リヨンでのストリート & 公共照明

-
2023 1月 土曜日 14
文化 : Lohri: パンジャブの文化を祝う冬至の前夜に

共和国記念日

-
2023 1月 木曜日 26
世俗的な休日 : It was the Lahore Session of the Indian National Congress at midnight of December 31, 1929 - January 1, 1930, that the Tri-Colour Flag was unfurled by the nationalists and a pledge taken that every year on January 26, the Independence Day would be celebrated and that the people would unceasingly strive for the establishment of a Sovereign Democratic Republic of India. The professed pledge was successfully redeemed on January 26, 1950, when the Constitution of India framed by the Constituent Assembly of India came into force, although the Independence from the British rule was achieved on August 15, 1947. It is because of this that August 15 is celebrated as Independence Day, while January 26 as Republic Day. www.indiaa2z.com

ヴァサントパンチャミ

-
2023 1月 木曜日 26
仏教(仏教の勝利) : Vasant means, the spring season . This is the great spring festival, falling on the fifth day of the month of Magh, the first day of spring. On this day everyone wears a yellow cloth. It represents the ripening of the spring crops. Even the food is coloured yellow by using saffron. Spiritually, the yellow colour is a sign of prosperity; it is the colour of love. On this day we offer special worship to the sun god, to Mother Ganga (the deity of the sacred river Ganges), and Mother Earth. They provide us the means of acquiring food and all that we need to keep alive. We express our gratitude to them by worshipping them. Hindus are ever mindful of the debt they owe to all nature. Worship of nature is extremely important to them. On this day we offer special worship to the sun god, to Mother Ganga (the deity of the sacred river Ganges), and Mother Earth. They provide us the means of acquiring food and all that we need to keep alive. We express our gratitude to them by worshipping them. Hindus are ever mindful of the debt they owe to all nature. Worship of nature is extremely important to them.

冬休み(学校休日の開始)

-
2023 2月 金曜日 3
学校の休み :

ヴィシュヴァカルマン

-
2023 2月 金曜日 3
文化 : Personification of creation and the abstract form of the creator God according to the Rigveda. He is the presiding deity of all Vishwakarma (caste), engineers, artisans and architects.[1] He is believed to be the Principal Architect of the Universe , and the root concept of the later Upanishadic figures of Brahman and Purusha.

ヒンドゥー教の祭り

-
2023 2月 日曜日 5
ヒンズー教 : Guru or Bhagat Ravidas (also Raidas) was a north Indian Sant mystic of the bhakti movement who was active in the 15th century CE. Venerated in northern India and in the Indian state of Maharashtra, he is the Satguru of the Ravidasi sect and one of the fifteen Bhagats of the Sikhs. His devotional songs and verses made a lasting impact upon the bhakti movement.

冬の休日 (終了)

-
2023 2月 月曜日 13
学校の休み :

マハシバラトリ

-
2023 2月 火曜日 14
ヒンズー教 : A Hindu festival in honor of Lord Shiva and his marriage to Goddess Parvati. Ceremonies involving prayers and hymns take place mostly at night.

ダヤナンダ サラスワティの日

-
2023 2月 ?…—j“ú 15
文化 : Dayanand Saraswati About this sound pronunciation (12 February 1824 – 30 October 1883) was a Hindu religious leader and founder of the Arya Samaj, a Hindu reform movements of the Vedic tradition. He was also a renowned scholar of the Vedic lore and Sanskrit language. He was the first to give the call for Swaraj as Indian for India in 1876, a call later taken up by Lokmanya Tilak. Denouncing the idolatry and ritualistic worship prevalent in Hinduism at the time, he worked towards reviving Vedic ideologies. Subsequently, the philosopher and President of India, S. Radhakrishnan called him one of the makers of Modern India , as did Sri Aurobindo. [Wikipedia]