全世界での祝日やお祝い
インド, インド (アッサム), インド (アルナチャル・パラデシュ), 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。

インド(シッキム) : 祝日、銀行休業日、休校日

link

インド(シッキム) : 3ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版


通貨: Rupee (INR)

週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:: 英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ベンガル語、アッサム語 (1.8億スピーカー), ヒンディー語 (2億スピーカー), パンジャブ語 (85百万のスピーカー), タミール語 (5500万スピーカー), テルグ語(70百万のスピーカー) ...
Edit までご連絡ください
日付種類
2022 8月 月曜日 15独立記念日国家的記念日
view more
2022 8月 金曜日 19クリシュナ神御降誕祭ヒンズー教
view more
2022 8月 月曜日 29ティーズヒンズー教
view more
2022 9月 金曜日 30銀行目録銀行は閉まっている
view more
2022 10月 火曜日 25ディーパバリヒンズー教
view more
2022 10月 木曜日 27チベットの祭典ヒンズー教
view more
2022 11月 火曜日 15Ì줫¤é¥À¥¦¥ó–¤Îµ½À´仏教(小さい修道士)
view more
2022 12月 金曜日 23冬休み(学校休日の開始)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2022 12月 日曜日 25クリスマスの日カトリックやプロテスタント
view more
2022 12月 火曜日 27シーク祭銀行は閉まっている
view more
2022 12月 金曜日 30–½Ì¤Î¼À¤ê世俗的な休日
view more
2023 1月 日曜日 1学校の休日上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2023 1月 日曜日 1元旦世俗的な休日
view more
2023 1月 日曜日 1ミツト熙ホネユ世俗的な休日
view more
2023 1月 月曜日 9冬の休日 (終了)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2023 1月 土曜日 14休日世俗的な休日
view more
2023 1月 日曜日 15マカラ サンクラーンティヒンズー教
view more
2023 1月 日曜日 22提供日世俗的な休日
view more
2023 1月 木曜日 26共和国記念日世俗的な休日
view more
2023 2月 月曜日 27エコスレ(ヤストマ)仏教(ダイヤモンド車両)
view more

独立記念日

-
2022 8月 月曜日 15
世俗的な休日 : インドが英国の支配からの自由を達成した1947年の日を記念しています

クリシュナ神御降誕祭

-
2022 8月 金曜日 19
ヒンズー教 : Hindu celebration of the birthday of Sri Krishna, an incarnation of Lord Krishna. Sweets, fruits and milk products are available in abundance. Sri or Shree: A prefix denoting auspiciousness

ティーズ

-
2022 8月 月曜日 29
ヒンズー教 : Teej, Hartalika. On this day Goddess Parvati is worshipped. Women, married and unmarried, mainly of Khas ethnicity, assemble at one place, in their finest attire and start dancing and singing devotional songs. Amidst all this, the grand feast takes place. The jollity often goes on till midnight, after which the 24hour fast starts. 女性専用で観測されました。

銀行目録

-
2022 9月 金曜日 30
銀行は閉まっている :

ディーパバリ

-
2022 10月 火曜日 25
ヒンズー教 : The Light festival starts with festivities. The week celebrates 1.Dhanteras, 2.Kali Chaudas, 3.Deepavali, 4.Navu-Varsha (new year), 5.Bhai-beej. The Vai cast is mainly concerned. May last several days

チベットの祭典

-
2022 10月 木曜日 27
ヒンズー教 : Called Bhaubeej in India, this is a Bhai Bij legend in Hindu mythology: after slaying Narkasur, Lord Krishna visited his sister Subhadra who gave him a warm welcome with sweets and flowers. She also affectionately applied tilak on Krishna's forehead. Since then the custom of celebrating Bhaubeej or Bhai Bij started. Carrying forward the Bhaubeej ceremony in traditional style, sisters' perform arti of their brother and apply a red tika on the brother's forehead. This teeka ceremony, on the occasion of Bhai Bij signifies sister's sincerest prayers for the long and happy life of her brother. In return brothers bless their sisters and treat them with Bhaubeej or cash gifts. (Wikipedia)

Ì줫¤é¥À¥¦¥ó–¤Îµ½À´

-
2022 11月 火曜日 15
仏教(小さい修道士) : Celebration of his return to earth from heaven. Lord Buddha was born in Lumbini, Nepal, and his mother expired after seven days. At the age of 41, he ascended to heaven to preach to his mother. Nuns and monks and king Zug Chen Nyingpo were worried because they did not know where hewas. His disciple, the clairvoyant Sharibu, had a vision of the lord to be in heaven. Another disciple of Lord Buddha, Mao gyel ge bu, who was known to possess miraculous powers, ascended to heaven and requested Buddha to return to earth. He agreed to descend.

冬休み(学校休日の開始)

-
2022 12月 金曜日 23
学校の休み :

クリスマスの日

-
2022 12月 日曜日 25
カトリックやプロテスタント : ヨーロッパの先史時代から、お祭り(たき火、オフリング)は、火と儀式でより長い日照時間の始まりをマークしていました。サトゥルナリアのローマの祭りは12月に数日間続きました(ギャンブルと供物)。 ナザレのイエスはおそらく春に生まれました。しかし、4世紀には、12月25日が教皇ユリウス1世によって彼の誕生を祝うために選ばれました。このように、キリスト教の要素は、古くからある真冬の祭りに導入されました。

シーク祭

-
2022 12月 火曜日 27
銀行は閉まっている :

–½Ì¤Î¼À¤ê

-
2022 12月 金曜日 30
世俗的な休日 : Marks the beginning of the Tamu Sambat or Gurung Calendar Year

学校の休日

-
2023 1月 日曜日 1
学校の休み : Http://sikkimhrdd.org

https://www.apschandimandir.in
Teaching languages: Bhutia, Nepali, Lepcha and Limbu, Tamang, Gurung, Mangar, Sherpa, Mukhia, Rai

Dates confirmed till Feb 2023

Please note that authorities may take last-minute decisions; please double-check if this information is vital to you
Make a Paypal donation of euros 10 to [email protected] to purchase the full calendar for Sikkim
Contact [email protected] to purchase a file containing confirmed calendars of 550 countries and regions.

元旦

-
2023 1月 日曜日 1
世俗的な休日 : 元日(がんじつ)は、年の最初の日、日付は1月1日(改暦前は旧暦1月1日)。 土曜日または日曜日に落ちる有給休暇

ミツト熙ホネユ

-
2023 1月 日曜日 1
世俗的な休日 :

冬の休日 (終了)

-
2023 1月 月曜日 9
学校の休み :

休日

-
2023 1月 土曜日 14
世俗的な休日 :

マカラ サンクラーンティ

-
2023 1月 日曜日 15
ヒンズー教 : The symbol is the movement from one place to another which leads to meeting someone or something. The sun leaves its present constellation to get into Sakranti .

提供日

-
2023 1月 日曜日 22
世俗的な休日 : 女性は歌と踊り、男性はアーチェリーをし、ピクニックは東部ブータンでより一般的に組織されています

共和国記念日

-
2023 1月 木曜日 26
世俗的な休日 : It was the Lahore Session of the Indian National Congress at midnight of December 31, 1929 - January 1, 1930, that the Tri-Colour Flag was unfurled by the nationalists and a pledge taken that every year on January 26, the Independence Day would be celebrated and that the people would unceasingly strive for the establishment of a Sovereign Democratic Republic of India. The professed pledge was successfully redeemed on January 26, 1950, when the Constitution of India framed by the Constituent Assembly of India came into force, although the Independence from the British rule was achieved on August 15, 1947. It is because of this that August 15 is celebrated as Independence Day, while January 26 as Republic Day. www.indiaa2z.com

エコスレ(ヤストマ)

-
2023 2月 月曜日 27
仏教(ダイヤモンド車両) :