全世界での祝日やお祝い
インド, インド (アッサム), インド (アルナチャル・パラデシュ), 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。

スイス(ツーク) : 祝日、銀行休業日、休校日

link

スイス(ツーク) : 3ヶ月間の祝日、銀行および証券取引所の休業日、見本市、文化・スポーツイベント、行事、カーニバル、選挙に関するスケジュール完全版


通貨: Franc (CHF)

週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:: ドイツ語 (5カ国で9000万スピーカー), フランス語 (30カ国で7500万スピーカー), イタリア語 (4カ国で6500万スピーカー), 方言, ロマンシュ語 (060万スピーカー) ...
Edit までご連絡ください
日付種類
2022 8月 月曜日 15聖母マリアの被昇天カトリック
view more
2022 8月 月曜日 22マトミン、゚ 」ィスKチヒ」ゥ上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2022 10月 月曜日 24秋の休日 (終わり)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2022 12月 ?…—j“ú 21クリスマスの休日 (始め)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2022 12月 日曜日 25クリスマスの日カトリックやプロテスタント
view more
2022 12月 月曜日 26聖スティーブンの日カトリックやプロテスタント
view more
2023 1月 日曜日 1元旦世俗的な休日
view more
2023 1月 月曜日 2ベルヘルトの日世俗的な休日
view more
2023 1月 木曜日 5クリスマス休暇 (終了)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2023 2月 金曜日 3スポーツの休日 (始め)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2023 2月 月曜日 20スポーツの休日 (終わり)上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります)
view more
2023 2月 日曜日 26男性のカーニバル行事、お祝い...
view more

聖母マリアの被昇天

-
2022 8月 月曜日 15
カトリック : The Assumption of the Blessed Virgin is the dogma so far defined by the Church. The definition was made by Pope Pius XII on 1st November 1950. The Pope proclaimed: We pronounce, declare and define it to be a divinely revealed dogma that the Immaculate Mother of God, the ever Virgin Mary, having completed the course of her earthly life was assumed body and soul into heavenly glory. The Assumption of the Blessed Virgin is the dogma so far defined by the Church. The definition was made by Pope Pius XII on 1st November 1950. The Pope proclaimed: ¥"We pronounce, declare and define it to be a divinely revealed dogma that the Immaculate Mother of God, the ever Virgin Mary, having completed the course of her earthly life was assumed body and soul into heavenly glory.

マトミン、゚ 」ィスKチヒ」ゥ

-
2022 8月 月曜日 22
学校の休み :

秋の休日 (終わり)

-
2022 10月 月曜日 24
学校の休み :

クリスマスの休日 (始め)

-
2022 12月 ?…—j“ú 21
学校の休み :

クリスマスの日

-
2022 12月 日曜日 25
カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). Germanic tribes also celebrated mid-winter (drinking and rituals). The Bulgarian (with Koleduvane) and the Polish (with Gwiazdka) perpetuate this tradition. Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals.

聖スティーブンの日

-
2022 12月 月曜日 26
カトリックやプロテスタント :

元旦

-
2023 1月 日曜日 1
世俗的な休日 : 元日(がんじつ)は、年の最初の日、日付は1月1日(改暦前は旧暦1月1日)。 土曜日または日曜日に落ちる有給休暇

ベルヘルトの日

-
2023 1月 月曜日 2
世俗的な休日 : A derivation of Middle High German berhttac or berhteltac, which translated the Greek epiphanias Œ³’U‚ª“ú—j‚É“–‚½‚é?ê?‡‚Í?AƒmƒCƒGƒ“ƒuƒ‹ƒO‚ƃWƒ…ƒ‰‚Å‚à‹x“ú‚Æ‚È‚è [Wikipedia]

クリスマス休暇 (終了)

-
2023 1月 木曜日 5
学校の休み : Http://www.zg.ch issued by the Ministry of Education

Dates confirmed till Sep 2024; Further dates are projected dates based on previous years

Please note that authorities may take last-minute decisions; please double-check if this information is vital to you
Make a Paypal donation of euros 10 to [email protected] to purchase the full calendar for Zug schools
Contact [email protected] to purchase a file containing confirmed calendars of 550 countries and regions.

スポーツの休日 (始め)

-
2023 2月 金曜日 3
学校の休み :

スポーツの休日 (終わり)

-
2023 2月 月曜日 20
学校の休み :

男性のカーニバル

-
2023 2月 日曜日 26
文化 : The so-called ¥¥¥ men¥¥¥'s carnival Sunday¥¥¥ - costumed groups of singers and musicians gather at dusk in the old town of Zug. They stop at any house where a red light burns to indicate that the engaged or newly-married couple living there would like to be serenaded by the group of singers. This tradition goes back a long way, and has developed considerably over the years before becoming as we know it today www.zug-tourismus.ch